在宅ワーク 月収10万

親の介護をしながら子育て中の40代主婦です

3年前まで正社員として働いていましたが、介護+子育てという事情から退職を余儀なくされました。

 

幸い夫は正社員として企業に勤めているので、家庭の収入がゼロになることはありませんでしたが、私の退職で生活が苦しくなるのは目に見えていました。

 

月に数万円でもいいから稼げないかな・・・そんなことを考えながら3ヶ月が過ぎ、失業保険をもらい始めました。失業保険が切れるまでに稼ぐ方法を考えよう!と介護・育児の合間に情報収集をしました。

 

そこで今、私が日々取り組んでいるのは「アフィリエイト(成果報酬型広告業)」と「ウェブライター(インターネット上に公開される記事の作成)」です。

 

それ以外にも在宅ワークについてはいろいろと模索しました。家でできる仕事を探している人の参考までに、得た情報をまとめておきますね。

 

現状の私の主な収入源「ウェブライター」

 

こちら、在宅業務の主なものは今のところ「ウェブライター」。インターネットサイトなどに掲載するための記事を書く仕事です。

 

記事の内容は幅広くて、主婦目線の体験談や製品説明を始め、電話・メールなどで取材をして記事をまとめる仕事などもあります。案件は主にママワークスサグーライティングなどで探します。

 

ウェブライター業務には納期のあるものとないものがあり、私は極力納期のないもの(あったとしても融通が利くもの)を選んでいます。

 

報酬は1000文字の原稿を書いて700〜1000円くらい。最初は300円程度だったのですが、経験を積むことでこれくらいの収入を得られるようになりました。

 

1000字ならば30分あれば完成するので、時給にすると1500〜2000円くらいでしょうか(私の場合)。

 

できるときは一日中書いていることもありますが、子供や親の具合が悪い時などは何日かお休みしたりもします。

 

発注元が理解のある企業さんなので、こうした働き方ができているといえます。

 

最初は変な会社や担当者に当たったりして嫌な思いもしたんですが、そういう発注元とは依頼された仕事をやり終えたらさっさと縁を切り、次を探しました。

 

それを繰り返したことで、いい企業さんから仕事を請け負うことができるようになったと思っています。

 

ちなみに私がウェブライターの仕事を探したのは以下のサイト。見比べて、色々と受注してみるのが大事です。

 

育児や介護はお休みがないし、ストレスもたまりやすいと思います。でも、できる範囲で在宅ワークをすることで、そうした日常から少し解放されて、社会との繋がりができている実感があります。

 

私も今でこそ月に10万の収入を得ていますが、最初は月収数千円からのスタートでした。でも、楽しんでやり続けられて今があります。

 

最初はコツコツ探して、いろんな仕事を請け負ってみる。そして自分に合わないものはさっさと切り捨てる(請け負った分は終わらせてくださいね)。それが、ウェブライター成功の秘訣だと思います。


ママワークスについてはこちら



サグーライティングプラチナについてはこちらで

 

知らない男性と会話する「チャットレディー」はストレス多いよね

 

女性が在宅で稼ぐのに一番てっとり早い仕事の一つに「チャットレディー」というものがあると知りました。チャットレディーはは知らない男性とチャット(ネット上で会話)をすることで、報酬を得る仕事です。

 

一時間で数千円稼げるようですが、知らない男性と楽しい会話なんてできるわけがありませんし、エロい話などを振られてストレス満載になることが予想できます。

 

家事や育児・介護でヘトヘトのところ、そんな精神的負担は耐えられませんので私は見送りましたが、それでも大丈夫!という人もいるかもしれません。

 

人それぞれですが、女性が未経験で、在宅で稼げる仕事の代表的なものではあると思います。



高収入アルバイト【LoveChat】についてはこちら

 

株や不動産投資に挑戦してみる

 

いわゆる「不労所得」の代表とされる株や不動産投資

 

株は、最近では少額から取り組めるとあって、私もNISA講座を開いていくつかの銘柄を買いました。

 

数十万、数百万と投資ができるならさておき、主婦のお小遣い数万円ではなかなか稼げません。配当だって年間1000円行くかどうかというところ。

 

まあ、株主優待がもらえる銘柄を選んでいるので、それが細やかな楽しみだったりはします。ただ、保有銘柄数が増えればそれなりに配当金も増えて行くので、20年、30年という長いスパンで楽しむにはいいかな。

 

地道に、年1銘柄ずつくらいは買い足して、楽しく学んでいきたいと思います。多分、しばらくは趣味の域を出ません。

 

不動産投資については、独身時代に購入した東京郊外のマンションを運営しています。

 

しかしながら都心のように入居者がすぐ決まる訳でもなく、家賃も高い設定はできにくい(現状6万円台)のが現状。

 

何年か借りてくれる人があってそれなりに報酬があることもあるんですが、一度空室になると次の入居者が決まるまでに3ヶ月から半年くらいかかる物件なので、結局、今の所はプラマイゼロです。

 

管理も大変なので、思い切って売却してしまおうかと検討中。

 

つまるところ、現在は楽しむ程度。株や不動産はリスクが多いので今の自分には不向きかなと考えています。

 

軌道に乗るまでに時間がかかるけれど、稼げる可能性が高い「せどり」「アフィリエイト」

 

在宅ワークの中でも「リスクが少なく、納期なしに稼げる仕事」の二大巨頭とも言えるせどり(古物の転売業)とアフィリエイト(ウェブサイトなどで製品・サービス等の紹介をする仕事。主に成果報酬制)

 

ネット上では「3ヶ月で100万円達成」「2年目にして年収1000万!」などという情報が、まことしやかに流れています。

 

私もせどりやアフィリエイトには大きな興味を持っていて、家事の合間に、せどり講座やアフィリエイトスクールに話を聞きに行ったり「稼いでいる」と自称する人のセミナーを聞きに行ったりしました。

 

確かに、短期間で大きな報酬をあげる人はいます。でもそれは、割合としてはごくわずかなのではないでしょうか。

 

実際、私もアフィリエイトに1年ほど取り組んでいます。幸い先輩アフィリエイターさんと繋がりができ、指導を受けながら月に1万円ほどの報酬を得られるようにはなりました。これからも勉強を続けていきたいと考えています。

 

ただ、「すぐに収入につなげたい」と思っている人には不向きです。私としては、育児や介護の合間に作業をすることでリフレッシュになったり、製品を紹介することで見本品をもらえたりするのが楽しいので、続けられているかなと思います。

 

せどりもアフィリエイトも、コツコツやるのが楽しい人向けかな。

 

ただ、両方とも初期投資が少ないのは大きな魅力です。せどりは売るための古物(主に本など)を用意する必要があるし、アフィリエイトはサーバーをレンタルしたり、ドメインを取得したりするお金が多少はかかりますが、株式や不動産の投資などと比べたら、ごくわずかだと思います。



「せどり」について詳しくはこちらで




A8.netに関してはこちらでどうぞ

 

在宅ワークは本当に増えているの?

在宅ワークは増えているかどうか、といわれたら「増えている」のは事実だと思います。

 

でも、急激に増えていたり、世のなかに浸透していたりするわけではありません。

 

実際のところ、独身のころに登録した人材あっせん会社から仕事紹介のメールがくると「在宅でOKならば検討します」という内容の返事をしても、良い回答の得られることはまず、ありません。

 

在宅勤務というのはまだ特殊な、珍しい形態といわざるを得ないのかな、というのも正直なところ。

 

でも一方で、その波は少しずつ大きくなっています。上で紹介したママワークスサグーライティングのほかにも、特別な技能や経験を持つ人に特化した募集などは頻繁にされています。

 

過去に何か職務経験があるなら、積極的に探してみると良いと思います。「私は何も経験もないし、資格もない」という人でも大丈夫。私だって特別な経験も資格も持っていないけれど、こうして家事と育児、介護の傍ら在宅で毎月10万円ほどを稼いでいますから。

 

パソコンを使ったデータ入力やアンケート、ブログ記事などの文章作成・校正、情報収集など、単価の安いものでも最初は積極的に請けてみるといいと思います。「在宅ワークってこんな流れなんだ」って知るきっかけになるし。もちろん在宅ワークに慣れたな、と思ったらキリのいいところでもう少し稼げる仕事にシフトしましょう。

 

根気よく探すこと、そして粘り強く続けること。これに尽きると思います。

 

在宅ワーク求人の比較的多い地域

北海道(札幌)、宮城(仙台)、茨城(水戸)、栃木(宇都宮)、埼玉、東京、千葉、神奈川、新潟(上越市・長岡市)、静岡、長野、愛知、京都、奈良、大阪、兵庫、広島(広島、福山)、岡山、愛媛、高知、福岡、佐賀、宮崎、熊本、大分、鹿児島、沖縄など
※時期などにより変動します。